名刺のデータ化

名刺リーダーですぐにデータ化して管理

名刺に記載されている情報を使える形で管理するためには電子化するというのが今日のニーズとして高まっています。電子化された情報を迅速に検索するというのが常識化されているため、名刺ホルダー等にファイルした名刺から情報を探すというアナログな方法では時間と労力の観点から理想的ではなくなってしまっているからです。 手に入れた名刺を気軽に電子データ化する方法として名刺リーダーを利用するという方法があります。名刺サイズに特化したスキャナー機能を有する機械であり、相場として10000円から20000円程度の金額で購入することができます。名利リーダーを利用すると手に入れたらすぐにその名刺をスキャンしてデータ化することができるため名刺管理に応用するのに便利なのです。

スマートフォンのリーダーとしての利用

名刺リーダーとして専用機を購入すると比較的値段が高いものの、近年ではスマートフォンやタブレット端末の仕様が広まっており、その撮影機能を活用することで名刺がスキャンできるようになってきています。つまり、普段持ち歩いている端末を名刺リーダーの一部として利用できるという便利さが生まれてきているのです。その名刺リーダーは10000円以下で購入可能なものも登場しています。 また、アプリを利用することでスマートフォンで直接名刺を読み込めるシステムも登場してきています。その費用は使用するアプリの課金システムによって異なるため一概に言うことはできません。しかし、一般的には従量制となっているため大量に名刺のスキャンをする場合には専用機を購入する方が得をする傾向があります。