パソコンの復旧

ソフトウェアよりもハードウェアの復旧の方が費用は高額になるのが一般的です。

 pcの復旧には、大きくハードウェアのトラブルのために修復作業をする場合と、ソフトウェアのトラブルのために修復作業をする場合があります。  ハードウェアのトラブルに対するpcの復旧は、基本的にはpcのメーカーの修理依頼を行うことになります。一方、ソフトウェアのトラブルに対するpcの復旧は、個人で対応ができる場合と、メーカー修理対応になる場合があります。  ソフトウェアのトラブルに対する復旧作業は復旧専用アプリなどもあり、個人での作業も可能な場合があります。  復旧作業に費やす費用ですが、ソフトウェアに関する復旧については実働作業費用がベースとなりますが、ハードウェアに関する復旧費用は、最悪部品交換等が発生するため、交換部品費用、実働作業費用、等がベースとなるため高額になるのが一般的です。

pc及び周辺機器の規格標準化で、発売元のメーカーを統一しなくとも利用する事ができるようになりました。

 pcの品質向上によって、致命的なトラブルの発生率は急速に減少しています。  これは、パソコンに関する各種通信インターフェイスやファイル管理、メモリ拡張ポートなど、さまざまな規格に関する仕様の共通化、統一化することが大きな要因です。  異なるメーカーの製造したパソコンや周辺機器であっても、それぞれの規格や仕様は規格統一されているため、仕様が合わないために利用できないような問題が非常に少なくなりました。  従来は、各メーカーごとで基本プログラムを設計し自社のpcに搭載させて販売したり、自社独自のインターフェイスを利用したりしていたため、異なるメーカーのpcに関しては、周辺機器まで含めて互換性がありませんでした。  このように、さまざまな規格の仕様統一化は、大きな利益をもたらしました。