さわらないこと

復旧を依頼する際に注意しなければいけないこと

パソコンには大事なデータがたくさん入っている場合があります。 会社のパソコンであればなおさらです。 万が一データが飛んでしまうと会社経営にとって大きな痛手となります。 データ復旧は素人がやるよりも業者に任せた場合が絶対に安心なのですが、データ復旧を依頼する際に注意しなければならないことがいくつかあります。 まずは強制的な機動や終了を繰り返すようなことはしてはいけないという事です。 これは起動や終了をするとソフトが強制的に上書きをされてしまうことによって復旧がとても困難になるからです。 次にパソコン本体をたたいたりゆすったりもしてはいけません。 たたいたりゆすったりしても悪化するばかりです。 とにかく大切なのはできるだけ故障が起こった状態のままでおいておくということです。

データ復旧を確実に行ってもらうために

さて、実際にデータ復旧を依頼する場合ですが、データー復旧は業者任せになりますが、こちらで出来ることもあります。 それは原状を正確に活詳しく伝えるということです。 それによって業者側も故障の原因がすばやく特定でき、データ復旧もより確実となります。 まず、最も大切なことはコンピューターのエラーメッセージをきちんと記録しておくということです。 素人にはなんだか分かりませんが、このエラーメッセージがあることによってどこに不具合があるのかをすばやく特定することが可能になります。 次に異常な音がしていないかを確認するという事です。 異常な音をしているということはハードディスク本体の不具合である可能性が高いです。 そして記録が終わったらパソコンを通常に終了させ、電源は落としてください。